深海魚の見られる博物館

深海魚の見られる博物館

千葉県立中央博物館分館 海の博物館は学問の香り:「海博・お宝大集合!」を見てきました。:深海魚の見られる博物館⑧

深海魚の見られる博物館⑧ 千葉県立中央博物館分館 海の博物館です。勝浦にある小さな博物館ですが、研究内容はとても興味深いです。
深海魚の見られる博物館

千葉県立中央博物館は深海生物の化石が充実。ダイオウグソクムシの化石は必見!:深海魚の見られる博物館⑦

深海魚の見られる博物館⑦でご紹介するのは千葉県立中央博物館です。こちらの展示は千葉でとれた化石や、漁でとれた魚の剥製が充実しています。
深海魚の見られる博物館

駿河湾深海生物館は、深海魚の聖地!:深海魚の見られる博物館⑥

深海魚・深海生物の見られる博物館第六回は、静岡県沼津市戸田にある駿河湾深海生物館です。展示数は107個と常設展では国内トップクラスの深海生物の博物館です。今回は、博物館の情報と、見られる深海生物・深海魚のリストを作成しました。
深海魚の見られる博物館

深海魚の見られる博物館⑤:実は深海の博物館!葉山しおさい博物館

神奈川県三浦郡葉山町にある博物館です。葉山御用邸の隣にあります。実は深海の展示がかなり充実している博物館です。 標本や剥製も多くなんと54種類ありました。またカゴ漁の再現ジオラマを見ることができます。 さらに昭和天皇から下賜された標本も展示されています。個人的には、ここで初めてミズウオの標本を見ました。
深海魚の見られる博物館

深海魚の見られる博物館④:発光生物の展示・解説もある!横須賀市自然・人文博物館

神奈川県横須賀市にある横須賀市自然・人文博物館で見られる深海魚・深海生物についてまとめました。 この博物館は、標本・はく製も充実しているだけでなく、発光生物の解説に力を入れています。 深海好きは楽しめる充実した博物館です。
深海魚の見られる博物館

北里大学海洋生命科学部ミニ水族館「アクアリウムラボ」は実はすごい!深海魚の見られる博物館③

神奈川県相模原市にあります。北里大学、北里大学病院のある敷地内にあります。大学は広いので迷いますが、MB号館の中にあります。駐車場は、大学関係者と病院の患者さん用のため、バスでの来館となります。入館は無料です。剥製・標本の展示は充実しています。シーラカンスのプラスティネーションはここでしか見られません。オオタルマワシ、ミツクリザメ、ラブカ、オニキンメ、テンガイハタなどなどたくさんの標本・剥製があります。
深海魚の見られる博物館

東海大学海洋学部博物館は標本も生体も両方楽しめる!深海魚の見られる博物館②

静岡県にある東海大学海洋学部博物館で見られる深海魚・深海生物について解説します。 博物館の名前ですが、生体の展示もかなり充実しています。メガマウスザメの剥製やビワアンコウの標本など珍しいものもたくさんあります。深海好きならオススメの博物館です。
深海魚の見られる博物館

深海生物研究の最前線!東京海洋大学(海の日記念行事2018):深海魚の見られる博物館①

東京海洋大学の特徴と見られる深海魚・深海生物についてまとめました。大学の中に東京海洋大学マリンサイエンスミュージアムという博物館があります。一般公開されていますので大学関係者でなくても見学することができます。現在、コロナウイルス感染症の感染予防のため休館中ですのでご注意ください。
タイトルとURLをコピーしました