DON底(どんぞこ)!深海魚コーナーがおすすめ!三津シーパラダイス

深海魚の見られる水族館

DON底(どんぞこ)!深海魚コーナーがおすすめ!三津シーパラダイス

深海魚・深海生物の見られるおすすめ水族館⑩

深海魚・深海生物が大好きな管理人mochigomeが実際に水族館を訪れて、展示されている深海魚・深海生物の写真を撮りまくり、その数を数えるブログ 「深海魚・深海生物の見られるおすすめ水族館」第10回です。今回も頑張ってリストにしましたので、よろしければ最後までご覧ください。

三津シーパラダイスについて

・静岡県沼津市にある水族館で、沼津市街から車で約20分くらいの海外沿いにあります。ちなみに前回の記事の淡島マリンパークも近くにあります。

・海沿いを走っていると、突然立体駐車場が現れます。駐車場の前には職員さんが出て案内してくれます。(mochigome訪問時)

・イルカのショーやぺんぎんなども見ることができます。深海成分はやや強めでDON底という深海魚コーナーも作ってあります。

・DON底にはタッチングプールがありますので直接触れ合うこともできます。

・壁面に大きなグソクムシの模型がありますので、ぜひ見てください。

・年中無休 9:00~17:00 最終入場16:00

・入場料 大人 2200円  こども(4歳~小学生)1100円

時期やコロナの感染状況によって異なります。事前にホームページでご確認ください。

ホームページはこちら

時期やコロナの感染状況によって異なります。事前にホームページでご確認ください。

伊豆・三津シーパラダイスTOP |伊豆・三津シーパラダイス (izuhakone.co.jp)

駐車場について

水族館の隣に専用駐車場があります。自走式の立体駐車場になっていて300台停められるそうです。Mochigome訪問時は混雑していました。ゴールデンウィークや夏休みなどは注意が必要です。また駐車場内が狭いため、出入庫の車の行き違いがかなり大変でした。幅の大きい車は大変かもしれません。

コロナ対策について

入場制限は行っていません。したがって入場券の予約販売などは行っていません。Mochigomeは当日訪問して、そのまま中に入ることができました。軽食がなくなっているため、食事には困ってしまいます。コロナ対策のため仕方がないのですが、昼食をどうするか、事前に考えておく必要があります。

Mochigome的おすすめポイント

・深海魚コーナー「DON底」には、深海魚が沢山います。

・魚の説明は、モニターに表示されていますが、一部スライドショーになっているので、時間の経過とともに表示内容が変わります。よく見てないと見逃します。

・DON底タッチングプールでは、タカアシガニなど触ることができます。

三津シーパラダイスで見られる深海魚・深海生物は?

実際に行って調べてきました。

生体32種、標本・剥製1種、 合計33種

見られる深海魚・深海生物をリストにしました。

生体32種

アカグツ
アラ
イズハナトラザメ
オオエンコウガニ
オオクチイシナギ
オオコシオリエビ
カナド
キンメダイ
クマサカガイ
クラゲイソギンチャク
クロヌタウナギ
ゴカクヒトデ
コツノキンセンモドキ
サギフエ
シロカサゴ
ジンゴロウヤドカリ
セノテヅルモズル
ダイコクサギフエ
タカアシガニ
ツボダイ
トガリツノザメ
ドフラインイソギンチャク
トラザメ
ナヌカザメ
ノコギリザメ
ハシキンメ
ヒメカンテンナマコ
ヒラアシクモガニ
ボタンエビ
ホンフサアンコウ
ミドリフサアンコウ
ユメカサゴ

 

標本・はく製 1種

ラブカ

まとめ

いかがでしたか、三津シーパラダスで見られた深海魚についてまとめてみました。Mochigome訪問時は生体・剥製合計33種類の深海生物を見ることができました。

良かったら他の記事もアクセスしてください。

深海魚の見られる水族館ランキングはこちら

深海魚・深海生物の見られる水族館ランキング2020

淡島マリンパークの記事はこちらです。

深海魚のみられる水族館第9回は淡島水族館です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました