「フランス南西部産 鴨のササミ(ソテー用)」は優れもの。実際に購入して食べてみました。:ピカールのおすすめブログ㊸

ピカール商品レビュー

「フランス南西部産 鴨のササミ(ソテー用)」は優れもの。実際に購入して食べてみました。:ピカールのおすすめブログ㊸

Aiguillettes de canard du Sud-ouest

目指せ全品!ピカールのおすすめ第43回でご紹介するのは「フランス南西部産 鴨のササミ(ソテー用)」です。

この商品は、味付けがされていませんので、ご注意を!

ピカール(picard)は、フランスの冷凍食品スーパーです。フランスやイタリアの食品が手軽に楽しめます。

mochigome的ポイント

・フライパン炒めるだけで簡単。

・味付けはないので、ソースや塩コショウなどが必要です。

・10本前後入っていますので3~5人分くらいだと思います。

・袋がパウチになっていて閉じられるので、何回にも分けて食べられます。

・鴨の肉の歯ごたえはありますが、食べやすいと思います。

・カロリー:記載がありませんでした。

「フランス南西部産 鴨のササミ(ソテー用)」の商品情報

名称:鴨のささみ(加熱用)

原材料名:鴨肉(ささみ)

内容量:320g

賞味期限:2020年11月(約3か月 2020年8月購入)

保存方法:-18℃以下で保存

原産国:フランス

「フランス南西部産 鴨のササミ(ソテー用)」の調理方法

調理方法二通りあります。解凍後に調理する方法と解凍せずに調理する方法です。

<解凍後フライパン調理>

  • 本品をパックから取り出し、皿に重ならないように並べてラップをして約3時間解凍します。
  • 解凍後あたためたフライパンに少量の油をひき、本品を入れ、中火で2分~2分30秒加熱します。

<フライパン調理>

  • 解凍せずに温めたフライパンに少量の油をひき本品を入れ、中火で7~8分加熱します。

「フランス南西部産 鴨のササミ(ソテー用)」を実際に調理し食べてみました。

茶色の箱を開けると中にはビニールの袋に入ったささみがあります。ビニールの袋はパウチになっていて、食べる分のみを取り出すことができます。(食べない分は冷凍保存できますが、解凍した場合は再度冷凍しないようにと注意書きがあります。)

今回は、解凍せずにそのままフライパンで炒めてみました。袋の中には細長いささみが、10本前後入っています。フライパンで焼きます。

途中ひっくり返して反対側も焼きます。鶏肉なのでよく火が通るように気を付けます。

肉の焼けた良い香りがしてきます。お皿にとって、エシャロットのフォンデュをかけます。

かむと鴨肉独特の弾力がありますが、噛み切りやすいです。かむと肉のうまみが出てきます。エシャロットのソースの酸味がよく合います。臭みもなくとても食べやすいです。

2切ぐらいが丁度よい量でした。

エシャロットのソースの記事はこちら

「エシャロットのフォンデュ(トロトロ炒め)」は簡単便利でお肉にぴったり。:ピカールのおすすめブログ㊷
目指せ全品!ピカールのおすすめ第42回でご紹介するのは「エシャロットのフォンデュ(トロトロ炒め)」です。この商品はソースです。電子レンジであたためるだけで、酸味の程よいソースができます。今回ピカールの鴨肉のささみと合わせてみました。

ピカールの商品はここで購入することができます。

ピカールの実店舗は18店舗あります。

店舗情報

ピカールの商品は、通販でも購入することができます。

カテゴリー | Picard(ピカール) Online Shop
カテゴリー | Picard Online Shopは「食卓を楽しむ」ことをモットーにあらゆるジャンルの冷凍食品が溢れるスーパーマーケットです。7年連続フランス人の好きな食品ブランドNo.1を受賞したPicard食品は体に優しく毎日食べるための家庭風料理です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました