沼津深海プリン工房:深海の日プリンと深海プリンを食べてみました。

スイーツ

静岡県沼津市の沼津港深海水族館のそばに、沼津深海プリン工房という、スイーツのお店ができました。おしゃれで青色が美しい、プリンとアイスを作っています。2020年2月に訪問しました。

沼津深海プリン工房

店舗情報

営業時間 年中無休 10~17時(短縮営業中)

電話: 055-962-9010

住所:〒410-0845
静岡県沼津市千本港町97

ホームページはこちらです。

交通アクセス

車:東名高速道路 愛鷹ICより、20分

電車:東海道本線「沼津駅」より、徒歩30分、タクシー10分

バス:沼津駅発→千本港町で下車、徒歩3分

駐車場

専用の駐車場はありません。近くに港八十三番地の駐車場や、沼津港パーキングがあります。

Mochigomeは港八十三番地の駐車場を利用しました。

港八十三番地の駐車場

港八十三番地の駐車場は、水族館とプリン屋さんの間にあってどちらにも近いのですが、止められる台数は少なく、29台となっています。また1時間当たり200円となっています。

駐車場からの写真です。すぐ隣にあります。

周辺には駐車場がたくさんあります。

港八十三番地第2駐車場

台数22台 料金100円/30分

ダイノブセンター有料駐車場

台数76台 料金200円/時間

mochigome的おすすめポイント

・沼津港深海水族館のすぐそば!

・限定プリン「深海の日プリン」の売っている日に行こう!

8のつく日が深海の日で、この日にしか買えないプリンです。青いラムネジュレの中にマンゴーとパッションフルーツの粒が入っていて、見た目も味も素敵なプリンです。

・限定プリン「あさひプリン」の売っている午前中に行こう!

午前中限定のプリン「あさひプリン」は、地元のみかんである、寿太郎みかん使用したジュレとブラッディオレンジのジュレが入っています。赤と黄色が鮮やかです。酸味もあって、甘いプリンによく合います。

・グッズもかわいい。

深海プリンのストラップも売っています。メンダコがついているのもあります。

・通信販売はこちら

実際に買って、食べてみました。

深海プリン

青いジュレはラムネです。ラムネのさっぱりした感じがプリンの味をさわやかにしてくれます。見た目がもう深海です。

深海の日プリン

深海プリンにマンゴーとパッションフルーツの入ったもので、8のつく日のみの限定発売

ラムネの清涼感に、フルーツの味が加わっておいしくなっています。見た目も華やか!

∞に広がる深海から8のつく日を深海の日にしたそうです。

塩キャラメルプリン

甘いプリンを食べたい人は塩キャラメルプリンがおすすめです。塩キャラメルの甘さとプリンの甘さで大満足です。

あさひプリン

こちらも限定プリンで午前中のみの販売となります。寿太郎みかんのジュレが入っています。寿太郎みかんは沼津の周辺で栽培されています。車で走っていると無人販売所がときどきあります。ジュレは酸味があって甘いプリンとよく合います。

まとめ

沼津港深海水族館のそばに、沼津深海プリン工房というプリン屋さんができました。こちらでは、深海をテーマに「深海プリン」と「深海の日プリン」を売っています。実際に食べてみましたが美味しかったです。見た目もかわいいのでお土産にもお勧めです。

深海の日プリンは発売日が決まっているので注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました